早漏とは

早漏とは、射精のタイミングをコントロールできず性交の際にパートナーが性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。英語ではPEとも呼ばれるこの状態は、自分で射精のタイミングを調整する事ができません。射精までの時間はそもそも個人差があるので、何分以内であれば早漏かという様な定義は出来ませんが、とりあえずパートナーがオーガズムを迎える前にあまりにも早い時点で射精してしまう事を言います。

日本における正確な有病率を報告した疫学調査はありませんが一般的には日本では500万人以上の人が早漏症で悩んでいるといわれています。海外では約2.5%の男性が早漏症であると報告されておりこれは日本人の早漏患者より少ない割合ですので日本人には早漏の方が多いようです。

ところが、早漏の定義は明確に定まっているものではありません。「時間や回数は関係なく、射精をコントロールできない状態である」、「膣内に挿入後1~2分以内の射精、または挿入前に射精する」、「パートナーがオーガズムに達する前に射精する」、「性交時のピストン運動が10回以内である」等、早漏の基準がいろいろとあるのです。

2008年に早漏の定義が米国泌尿器学会にて発表されました。

1.膣に挿入する前、または挿入して1分以内に射精してしまう。

2.膣に挿入後に自分の意志で射精を遅らせることができない。

3.十分な挿入により相手を満足させることができない。

4.セックスが苦痛、フラストレーションに感じる。